カウンセリングに巡り医師の話をもとにした鼻翼基部プロテーゼの基礎知識

こんにちは、鼻翼基部の凹みが気になっているseina(@st_0905)です。

鼻翼基部(びよくきぶ)とは、鼻翼の横の部分。ここがヘコんでいると、疲れていたり、老けているような印象を与えます。

私は2018年2月にルフォーSSROをしたことで、さらに鼻翼基部の目立つようになったと感じ、鼻翼基部プロテーゼ挿入を検討していました。

断念するつもりでしたが、諦められないこの気持ち。カウンセリング巡りをして得た情報くらいは、残しておきたい。

そこで今回、鼻翼基部プロテーゼに関する情報をこの記事にまとめることにしました。

前半  鼻翼基部プロテーゼの基礎知識
後半  カウンセリングで得た医師からの情報をまとめ
最下部 鼻翼基部への施術をおこなっている日本と韓国のクリニック一覧

という構成でお届けします。

カウンセリングに行くと、面白いものです。医師によって勧める素材が違い、そもそも施術に肯定的ではない医師もいるんです。

鼻翼基部プロテーゼとは ほうれい線のへこみを緩和し立体的な顔を作る

鼻翼基部プロテーゼとは、上唇の裏側を2cmほど切開し、三角状のプロテーゼを挿入する施術のことを指します。

引用元:鼻翼基部プロテーゼ ヴェリテクリニックより

プロテーゼの挿入位置は、ちょうど鼻翼の真下あたり。鼻の土台を持ちあげ、鼻周辺の立体感を出せます。

鼻翼基部プロテーゼの効果はこちらです。

<鼻翼基部プロテーゼの効果>

  • ほうれい線のヘコみを緩和する
  • 鼻が埋まってみえる印象を改善する
  • 鼻周辺の立体感を出す
  • 口元の突出感を和らげる
  • 若返りまたは垢抜けた印象を与える

実際にどのような効果が得られるのか、症例写真をみてみましょう。

八事石坂クリニックさん、ビスポーククリニックさんのインスタグラムから症例写真をお借りしました。

▲八事石坂クリニックさんの症例写真

▲ビスポーククリニックさんの症例写真

鼻翼基部プロテーゼのリスク

感染、血が溜まる、傷口が開く、プロテーゼが飛び出す、左右差が出る、ズレる、異物感や違和感、小鼻が広がってみえる、笑いにくい、麻痺、鼻尖が上向きになる

鼻翼基部プロテーゼに適している人は私のような方です

鼻翼基部プロテーゼ、誰にでも適応ではありません。

<鼻翼基部プロテーゼ挿入に適している方>

  • 鼻翼付近がヘコんでいる
  • ヘコみによってほうれい線が深くみえる
  • 鼻が土台から沈んでいるように感じる
  • 笑うと鼻から上アゴ周辺のヘコみが目立つ

という、鼻周辺の立体感が足りない方が適応です。

私の顔写真を使い、どのような状態かをご説明します。

<正面と斜めからみた図>

正面、鼻翼基部のヘコみがあるのがお分かりでしょうか。

斜めからだとよりヘコみが目立ち、ほうれい線が口角のあたりまで続いている状態です。

<横からみた図>

「鼻が埋もれている」と、医師からお墨付きをいただいた横顔はこちら。

鼻翼基部のヘコみから鼻が埋まってみえるのも、鼻翼基部プロテーゼの適応サイン。陥没状態、または地盤沈下とも言うのでしょうか。泣

<笑顔時の図>

笑顔時の様子はこちら。鼻翼基部のヘコみにより、赤丸部分がガクッとヘコんでしまいます。

その他、口元の突出感を和らげたい方も、鼻翼基部プロテーゼは適応だと言われています。

個人的には、歯並びや骨格が口元の突出感の原因になっているのであれば、歯科矯正による根本的な治療をオススメしたいです。

鼻翼基部プロテーゼを入れられたとしても、数ミリ程度。根本から改善しなければ、思うような変化が得られない可能性もあります。

口元の突出感を改善しようと厚いプロテーゼを入れるほど、膨らみすぎる、小鼻が広がる、異物感や違和感が強まるなどのリスクも増えます。

鼻翼基部プロテーゼには2通りの挿入方法がある

鼻翼基部プロテーゼには、2通りの入れ方があります。

鼻翼基部といえば、ヴェリテクリニック李医師のブログですよね。画像を引用させていただきながら、解説します。

引用元:李院長の美容整形教室 鼻翼基部より

左側の挿入方法は、ほうれい線の改善には役立ちますが、鼻の土台を持ちあげるには役立たないやり方です。

鼻の土台を持ちあげて立体感を出したい場合、右側の挿入方法で鼻翼基部プロテーゼを挿入する必要があります。

韓国では、左側の挿入方法を採用しているクリニックも多いとの情報も入っています。

施術を検討している方は、どのような挿入方法を採用しているのか。一度、クリニックに確認してみてくださいね。

鼻翼基部に挿入する素材の種類 人工骨 ゴアテックス 肋軟骨など

プロテーゼ以外に、鼻翼基部に挿入する素材があります。

ポピュラーな素材として、

  • ハイドロキシアパタイト(歯と骨の主成分)
  • ゴアテックス(医療現場でよく使われるシート状の素材)
  • 肋軟骨(あばらから採取する軟骨)
  • 真皮脂肪移植(臀部やそけい部から採取する真皮+脂肪が合わさった組織)
  • 脂肪注入(自分の脂肪を鼻翼基部に注入する)
  • ヒアルロン酸などのフィラー注入

これらが挙げられます。

日本or韓国で鼻翼基部への施術をやっているクリニックはどのくらいあるか調べてみると、プロテーゼを使うクリニックの方が割合的には多い印象ですが、中には積極的に自家組織(肋軟骨、真皮脂肪、脂肪注入)を扱うクリニックもあります。

鼻専門で有名な日本のクリニックへいった際、メニューには載っていませんでしたが、ダメ元で鼻翼基部の相談をしてみると……。

医師

肋軟骨を採取して鼻の手術をするとき、患者さんのリクエストがあれば同時に鼻翼基部への移植も頻繁にやっている(別料金)

との回答でした。

なので、表には出ていないけど、鼻翼基部への施術はおこなっている可能性も。カウンセリング時にダメ元で聞いてみると、なにか収穫があるかもしれません。

韓国で気になっている施術の紹介

韓国のクリニック「陳整形外科」では、真皮に二酸化炭素ガスとヒアルロン酸を注入し、大量のコラーゲン組織の生成を促す治療をおこなってるそう(自己真皮再生術)この施術が、鼻翼基部のヘコみ改善に役立つとの情報も入っています

鼻翼基部へ挿入する素材は医師によって意見が異なる

先日、国内クリニックを10件まわった鼻のカウンセリングレポート記事を書きました。

鼻の再手術と同時に、鼻翼基部も改善したいと考えていたので、鼻翼基部の相談も一緒にすることに。

すると、鼻翼基部へ挿入する素材に対して、以下のように意見がわかれました。

  • 粉砕した肋軟骨がよい 2件
  • 脂肪注入を2〜3回くり返す 1件
  • エランセだと皮膚の浅いところに上手く入る 1件
  • ズレにくいゴアテックスがよい 1件
  • どうしても入れたいならプロテーゼだが、デメリットが目立つのでオススメしない 4件

1件聞き忘れてしまったため、計9件分のデータです

プロテーゼをすすめる医師が4件と、もっとも多い結果となりました。しかし、プロテーゼ挿入を勧めるものの「デメリットが目立つのでオススメしない」と消極的な意見です。

なぜプロテーゼを勧めるのかは、抜去が簡単で、吸収されない点。

自家組織にもよい点もありますが、4件の医師が「どうしても入れたいならプロテーゼ」と言っていたのは、自家組織によるデメリットを懸念していたのが大きな理由です。まず、修正が難しいこと。いっぽう、プロテーゼならスルッと抜けます。

また、自家組織を入れると何割か吸収され、時間とともにボリュームが減ってしまいます(多めに入れるなどの対策もできるようですが)吸収率についても、プロテーゼなら問題ありません。

それでも「プロテーゼはデメリットが目立つ」というのは、鼻翼縮小が必須になったり、異物感や違和感が出るためです。

4件中のどの医師も、

医師

(そもそも鼻翼基部に施術するのは反対だけど)どうしても入れたいならプロテーゼ。でも、デメリットが目立つのでオススメしない

と、鼻翼基部への施術自体に肯定的ではない印象でした。

入れてみなければどのような感覚かはわかりませんが、鼻翼基部プロテーゼを挿入する場合、異物感や違和感は大きな課題となりそうです

医師から聞いた鼻翼基部に関する情報5つ

1.笑顔や食事の最中に違和感や異物感が強まる

鼻翼基部付近は、よく動く部位です。

プロテーゼを挿入すると、どの医師も「笑顔になったり、食事をする際は、とくに違和感や異物感が強まる」という意見でした。

自家組織の方が違和感や異物感が弱まることから、患者のストレスを考慮して、自家組織をすすめる医師もいました。

2. 3割は抜去する

プロテーゼ挿入後、違和感や異物感のストレスから抜く人も多いそう。おおよそ、3割の方は抜去するとか。

挿入にも抜去にも費用がかかるので「嫌なら抜けばいい」と気軽に考えにくいものですが、プロテーゼを挿入するなら抜去する可能性が出ることも考え、費用を用意しておいた方がいいかもしれません。

3.鼻翼縮小が必須なタイプがいる

鼻翼基部プロテーゼを挿入すると、プロテーゼによって鼻翼が押し上げられ、ふくらんでみえます。ある先生は「お猿さんのような鼻になる」と表現されていました。

個人差はありますが、笑った時に鼻翼が横に広がる。または、もともと鼻翼がハッキリしているタイプなら、鼻翼縮小が必須になる可能性が高いそうです。

私はどちらにも当てはまるため、「鼻翼縮小が必須なタイプ」と医師から断言されています。

また、例外として、鼻翼基部プロテーゼと同時に、鼻尖耳介軟骨移植や鼻中隔延長をするなら、引っぱられて鼻翼が目立たなくなることも。その場合、鼻翼縮小は不要になるケースもあります。

4.鼻翼基部プロテーゼを入れると鼻が低くみえる

鼻翼基部プロテーゼを挿入すると、鼻周辺の立体感が出るメリットがありますが、鼻と土台との高低差がなくなり、鼻が低くみえるデメリットもあります。

この鼻が低くみえる現象に対して「鼻翼基部を出すなら、プロテーゼで大胆に鼻を高くする必要がある」という意見をお持ちな医師も。

本当に鼻が低くみえるのか。整形シミュレーションソフトを使って検証してみました。

▲左右にスライドしてみてください

加工後の画像は、おおげさに鼻翼基部に立体感を出しています。あくまでも「お絵かき」ですが、少し鼻が低くみえているのではないでしょうか?

同時にプロテーゼによる隆鼻術や鼻中隔延長を組みあわせると、キレイな仕上がりになるかもしれません。

5.鼻翼基部はヘコんでいた方が自然

鼻翼基部のヘコみは欠点でしかないと思っていた私にとって、医師から「鼻翼基部はヘコんでいた方がいい」と言われた時は、驚きました。

なぜヘコんでいた方がいいのか理由を伺うと、

医師

ヘコみを改善すると、今度は顔の凹凸(おうとつ)がなくなる。



そうすると顔がのっぺりして、不自然にみえる可能性もある

とのこと。

「美人はみんな、鼻翼基部はヘコんでいるよ」ともおっしゃっていました。本当でしょうか……。美の価値観は人それぞれですね。

「じゃあ、一体どうすればいいの?!」という話になりますが、鼻翼基部プロテーゼも自家組織もフィラーも使わない、不自然にならない鼻翼基部のヘコみを緩和する方法も聞いてきたので、こちらはまた次回の記事で。

悩む時間はカウンセリング巡りに使おう

以上が、カウンセリング巡りをする中で得た、鼻翼基部プロテーゼに関する情報でした。

プロテーゼにするか、自家組織にするか、悩みどころですよね。自家組織も魅力的です。自然な仕上がり、違和感や異物感も少ないのであれば。

でも、もし私が鼻翼基部になにか入れるとしたら「プロテーゼ」を選ぶと思います。医師の意見を聞いた中で、簡単に抜去できるプロテーゼが安全な選択と感じたからです。

もちろん「自然さを追求したい」「プロテーゼの縁が目立つのがイヤ」という理由で、初回から自家組織を挿入するのも、ありだと思います。

ですが、美容整形は色々な進め方があります。大胆に変化したい、半永久的がいいのもわかります。でも、スモールステップで進むのも、ありではないでしょうか。

例えば、

  1. 鼻翼基部にプロテーゼを挿入する
  2. プロテーゼを入れたまま過ごしてみる
  3. 縁が目立ってきた、もしくは異物感や違和感が強いのがストレスに感じてきた
  4. 自家組織に切り替える

というように。

実際に「プロテーゼを入れて気に入ったら、同じくらいの量の自家組織を入れるのもいいよ」と、アドバイスをしてくれた医師もいます。

リスクのある美容整形。悩みを抱えず、まずは医師の意見を聞いてまわってみてください。その中で、プロテーゼか自家組織か、どの選択が最善策なのか。一緒に考えてくれる医師を見つけるのが1番ですね。

では最後に、鼻翼基部へ施術をおこなっている日本と韓国のクリニックをまとめます。

鼻翼基部へ施術をおこなっている日本のクリニック一覧

クリニック名料金
ヴェリテクリニック プロテーゼ挿入30万円 オーダーメイド+10万円
プリモ麻布十番クリニックプロテーゼ挿入30万円
表参道スキンクリニックプロテーゼ挿入30万円
しらゆりビューティークリニックプロテーゼ挿入35万円 アパタイト移植55万円
銀座みゆき通り美容外科プロテーゼ挿入30万円
酒井形成外科ハイドロキシアパタイト移植50万円
ビスポーククリニックプロテーゼ30万円 オーダーメイドプロテーゼ45万円
あつぎ美容外科プロテーゼ24万8千円 真皮脂肪移植26万8千円 脂肪注入4万9千円
八事石坂クリニックプロテーゼ挿入30万円
加藤クリニック不明のため要問い合わせ(筆者のモニター適応の見積金額は、肋軟骨採取24万+鼻翼基部形成術20万円でした)
プラストクリニックプロテーゼ挿入30万円
こいずみ形成クリニックプロテーゼ挿入27万5千円 軟骨移植44万円
宮益坂クリニックプロテーゼ挿入30万円 軟骨移植40万円

鼻翼基部へ施術をおこなっている韓国のクリニック一覧表

クリニック名料金
グランド美容整形外科プロテーゼ挿入、脂肪注入、フィラー注入(料金不明のため要問い合わせ)
エイチ整形外科 中顔面の陥没を全体的に解消するプロテーゼ挿入(料金不明のため要問い合わせ)
CBKプロテーゼ挿入(料金不明のため要問い合わせ)
はなび整形外科1,500ドル (素材不明のため要問い合わせ)
シンデレラ美容外科プロテーゼ挿入、脂肪注入(料金不明のため要問い合わせ)
フレッシュ整形外科・皮膚科顔の脂肪移植(2次含む)+ほうれい線真皮手術 450万w
シンミアン整形外科プロテーゼ挿入(料金不明のため要問い合わせ)
FI整形外科プロテーゼ挿入 130万w
金鐘瑞(キム・ジョンソ)美容外科 ゴアテックス挿入165万w
エイペックス美容外科プロテーゼ挿入165万w
ノジョンフン整形外科自家脂肪200万w プロテーゼ250万w 骨移植250万w
SOON PLUS整形外科プロテーゼまたはゴアテックス挿入200万w
CONOPI整形外科プロテーゼ挿入 初手術250万w
iSTAR美容外科&皮膚科プロテーゼ挿入300万w
the BIDAN美容外科・皮膚科・エステプロテーゼ挿入200万w

ウォンから円の為替計算はこちら

この記事を書いた人

Seina

整形と減量で生まれ変わったライター。当ブログでは「美しくなること」をメインテーマに執筆。コラムやエッセイはnoteで更新中。ご連絡はお問い合わせからお願い致します。>詳細プロフィールはこちら