カウンセラーとは大切な人の代わりに「愛情」をおすそ分けする仕事

こんにちは、フリーライター兼 カウンセラーのseinaです(@st_0905

メンタルケア心理士の資格を取得して、実際に悩んでいる方のカウンセリングに関わっている立場から、

カウンセリングってどんな効果があるの?

カウンセリングってそんなに意味ないんでしょう?

と、思っている方に対して、カウンセリングとは何かについてお話ししていきたいと思います。

まずカウンセリングとは、具体的に問題・悩みを解決するものではありません。アドバイスもしません。

では、一体どんな役目があるのか。

  • カウンセラーとは「大切な人の代わりに愛情をおすそ分けする仕事」です
  • 人は誰かから愛情をうけとることで、心理的に癒やされます
  • 心理的に癒やされれば、本来備わっている「自分をよくしていく力」や「自己治癒力」を取り戻せます
  • それによってよい方向に進みやすくなります

です。

ご覧いただいてわかる通り、カウンセリングのポイントは愛情にあるのです。

悩みがあるけれど、頭の中でグルグルしてよく分からなくなっている。

なぜかやる気が起きなくて不調を抱えている。

理由がわからないけど不安、焦り、悲しみがある、など。

カウンセリングはこのような行き詰まった心の問題をやわらげて、ステップアップするために活用できます。

カウンセリングには愛情が隠れている

カウンセリングには「基本技法」と「基本態度」が定められています。

<基本技法>
受容
→批判、評価をせず、相手の気持ちをひたすら受容する態度で聴く

再陳述
→話の内容を正確かつ、簡潔に伝えかえす

反射
→相手の感じている感情、表している感情を受けとる。鏡のように反射して返す

明確化
→上手く表現できない感情を言語化する

<基本態度>
純粋性
→カウンセラー自身がオープンな姿勢を持ち、話し手と接する

無条件の肯定
→話し手を「かけがえのない存在」として尊重する態度を持つ

共感的理解
→話し手が感じていることを、同じ立場になったと想定して聞き手も同じように感じるとること

そしてカウンセリングの目的は、

その人が本来持っている「自分をよくしていく力」や「自己治癒力」を引き出す

にあります。

誰にでも自己成長できる、よい方向に進む傾向が備わっているものだ、という考えが根底にあるためです。

「基本技法」と「基本態度」を用いてカウンセリングをうけることで、このような効果が得られるとされています。

誰かに話を聞いてもらうとスッキリする。

話す前とくらべると、ネガティブな気持ちがなくなっている。

「明日から頑張ろう」という気持ちになれる。

私はあの時こうすればよかったんだ、と気づきがある。

その感覚はカウンセリングの効果効能と、とても似ていますね。

あらためて、カウンセラーの基本技法や態度。カウンセリングの効果効能。相手を直そうと、変えようとするのではなく、相手が良い方向に進めることを願いながら寄りそう姿勢をみると、

「愛情」だと思いませんか。

まるで、悩んでいる子供に対して寄りそう優しい母親のように。まさにその姿が、カウンセラーという存在ではないかと思います。

心を癒すには最終的には「愛情」が必要

幼い子どもが心身ともに健康に成長するには、親からの無条件の愛が必要です。

でも、大人になって何かにつまづいたり、トラブルを抱えたり、心を病んでしまったとき。悩みごとに飲みこまれて動けなくなったとき。

心の救いになるのは、最終的には「愛情」ではないかと思います

愛情とはけっして大袈裟なことではなく、あなたを心配してくれる他人の心。応援したり、励ます心。そういった温かい感情たちも愛情と言えます。

例えば、仕事に対して色々な悩みを抱え、どうしようもなくなった場合。上司、先輩に相談するかもしれません。

仕事に対する悩みなので、相談された相手は悩みを解消するためのアドバイスをしてくるはずです。それが問題解決のための近道ですから、上司、先輩であれば当然です。

でも「自分の気持ちが置いてけぼり」な感覚にならないでしょうか。悩みを解決する方法は理解できたけど、心のモヤモヤは蓄積されるかもしれません。

何らかの問題や悩みが発生したとき、無関係な人に話した方がスッキリしやすいこともあります。

それは無関係だからアドバイスできないというのもありますが、あなたを直そうと変えようともせず「あなたを心配して聞いてくれているから」でしょう。これも一種の「愛情ですよね。

自分を愛してくれていると感じる人物を、想像してみてください。

ご実家にいるご両親、おじいちゃん、おばあちゃん。何があっても変わらずにそばにいてくれる、猫ちゃん、ワンちゃんでもいいです。

無条件に肯定してくれる。「そうだったのね、それは辛かったね」と共感してくれる。何をいうわけでもなく、黙ってそばにいてくれる。

受け入れてくれる態度、言葉だけでも心が安らいできませんか?

きっと態度や言葉をとおして「愛情」を感じとっているからではないでしょうか。

カウンセラーは大切な人の身代わり的存在

子供を愛する両親
孫を気にかける祖父母
家族の一員である犬や猫

そういった大切な人の代わりに、悩める人に愛をおすそ分けをして、心のモヤモヤや問題を和らげるのがカウンセラーのお仕事ではないかと捉えています。

何か問題を抱えたら、家族にお話しされるのがいちばんです。でも、人によっては気軽に話せる仲ではない方もいるはずですし、そもそもご家族のトラブルの可能性も。

もしくは、遠くに住んでいて会えない。すでにご健在ではない場合もあります。

そういった大切な人との距離がある方のために、カウンセラーがいます。

悩める人の心が安らぐまでの、一時的な「大切な人の身代わり」とも言えるでしょう。

対面カウンセリングを実施しています

対面カウンセリングを実施しています。

  • 心の悩みを何年も抱えていて、どうすればいいか分からない
  • モヤモヤ感を誰かに話して整理したい
  • 何となく自分に対して無価値感があるけど、原因がわからない
  • 自分を嫌う気持ちがなくならず、生きづらさがある
  • 漠然とした心の重荷がなくならず、楽になりたい

という「行き詰まった心の問題」に悩んでいる方向けのサービスです。

また、傾聴をもとにお話をうかがうのが軸ではありますが、

  • ダイエット成功者の話を聞きたい
  • 整形経験者から話を聞きたい方
  • 整形の相談がしたい方
  • 輪郭、口元を整える美容整形について詳しく話を聞きたい方
  • 骨切り経験者の実際の顔を見ておきたい方

など、容姿のお悩みや、美容整形についても対応可能です。

料金
ご新規さま 60分 9000円(税込)
リピーターさま 60分 7000円(税込)

場所
千葉県内の指定の駅付近のカフェで、カウンセリングをおこないます。別途費用が発生いたしますが、東京都内でご指定の場所があれば、こちらから伺うこともできます。

サービスの詳細は以下のリンク先からご覧ください。

この記事を書いた人

Seina

整形と減量で人生が変わったフリーライター 兼 カウンセラー。当ブログでは「内側と外側の美の追求」をテーマに執筆。ブログで書けない記事はnoteで更新中。ご連絡はお問い合わせからお願い致します。>詳細プロフィールはこちら