自分の顔が嫌いすぎて生きにくい人のためのセルフマインド術

こんにちは、筋トレ&美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

元ブサイクなわたし。整形をくり返し、人生が変わりました。

でも、自分の顔がキライなのは変わりません。ブサイクなころの生きにくさを、たまに感じます。

「なぜ自分の顔がキライなままなのかな?」と考えてみたら、わたしのココロに問題があると発見。

そこで、ココロがふっとラクになる考え方をみつけましたので、さっそくご紹介します。

心がラクになるセフルマインド術とは 前向きに生きるための心のあり方

「外出するのもつらい」
「誰にも会いたくない」

生活に支障がでるほど自分の顔がキライな方は、少なからずいるでしょう。

顔がキライなら、美容整形をしてサクッと顔を変えてみるのも方法の1つです。

▼過去記事
美容整形をしてよかった7つのこと|美しくなければ生きていけない

私は自分のブサイクな顔を変えたくて、数え切れないほど美容整形をしてきました。昔と比べると、自分の顔がキライすぎて外出できない…といったことは減り、前向きになりました。

物理的に顔が変われば、多少はラクになれます。

ですが、今でも「自分の顔がキライなのはあまり変わりません

外見はかわっても、内面は自分の顔で悩んでいたころのヨワヨワしさが残っています。

美容整形は顔を変えるだけ。

性格そのものを変えるというのは、難しいんですよね。顔が変わっても、内面がブサイクなままでは魅力半減。

自分の顔がキライ! だと悲観的になるよりも、自分を好きになって、前向きに生きていきたい。そこで、容姿への考えを思い切って変えてみたら、フッとココロがラクになりました。

そこで今回は、その考えを「自分の顔がキライすぎて生きにくい人」へむけて、まとめてみることにしました。

その容姿への考えとは、以下の4つです。

1.他人は自分のことをあまり気にしていないもの

わたしはこんなにブサイクだから、他人もそう思っているにちがいない

こんな風に、他人から自分がどう思われているのか、気になって仕方がないですよね。

ブサイクって、わかっている。だから他人にもブサイクって思われて、これ以上傷つきたくない。他人からの評価が気になるものです。

でも、「自分がブサイクだから、他人から見られているような気がする」という、モヤモヤした気持ち。自分がそう思っているだけにすぎません。たとえば、町中を歩いているときに、他人の顔をいちいち気にしながら歩くでしょうか?

ほとんどの場合、これからの予定や考えごとなど、たわいもないことに集中しています。他人の容姿を気にする余裕はまったくありません。

町中を歩いている自分を想像してみてください。他人の容姿を気にしているわたしは、どこにもないはず。とんでもなく巨漢の人がいても、「すごい太ってるな〜」で終わります。

自分が想像している以上に、「他人は他人に無関心」なんです。

他人からの評価を気にして、心をすりへらす必要はないんですよ!

2.セルフイメージと他人からのイメージは違うもの

自分の顔がキライだと、他人からどう思われているのか常に気になります。

1番気になるシーンといえば、初対面の人と話すとき。

「めっちゃブサイクって思われたのでは?」と、不安で仕方ないですよね。

この不安の理由、一体どこから来るのでしょうか。私は「ブサイクな自分=魅力がない人間」という、自己評価の低さにあると思っています。

このセルフイメージが、苦しめているわけです。でも、セルフイメージはセルフイメージにすぎません。

他人がわたしをどう思っているかは、分かりきれないこと。「こう思われているんだろうな」という予想は、ただの勝手な想像です。

人間関係でよくあるはなしですが、ある程度交友関係をもった人から、初対面のときの話をされたりしませんか?

「実は初対面のときに、すごくいい人そうな人だと思ったんだよ」だとか。

あの時、絶対マイナスな印象をもたれたはずだと思っていても、他人からみれば実は好印象だった。というように、セルフイメージと他人からのイメージが食い違うことも少なくはありません。

つまり、セルフイメージはセルフイメージにすぎず、実際は他人から好印象にみられている可能性もあります。

3.不完全な自分を受け入れれば もっとラクに生きられる

「自分の顔が嫌い」

この気持ちのウラ側を考えたことはあるでしょうか?

ブサイクだし、嫌いになるのは当たり前じゃん。と、なりますよね。でも、自分のココロのウラ側をのぞいてみると「ブサイクだから嫌う」が、必ずしも当てはまるとはかぎりません。

客観的にみてブサイクな人でも、自分のことが好きで、容姿など気にしない人もいます。

そうなれば、「ブサイクだからキライになる」はイコールではないことになります。たとえ容姿がよくなくても、自分を好きになることはできるんです。

つまり、「自分の顔がキライ」の根底はブサイクだからではなく、そう感じる「自分の心」にあるわけです。

そもそも自分の顔がキライな根底は、「ブサイク(不完全)なわたし=ダメな人間」と否定があります。そして、魅力がない人間とセルフイメージが作り上げられ、他人からの評価を気にして、拒絶される不安ができあがる。

もっと原因をつきつめれば、生きにくさの理由はブサイク(不完全)な自分を受けいれられていない部分にあるんです。

完璧でない自分がゆるせないから、不完全な自分も受けいれられない。

これが「ブサイク(不完全)なわたし=ダメな人間」になり、生きにくさを感じているのです。

4. 6〜7割できれば上出来だと褒めてあげよう

「不完全なわたし」を受けいれられない人は、きっと完璧主義な人でしょう。

わたしも自分のことを、完璧主義だと感じています。白黒をつける考え方で、グレーゾーンは気分が悪くなります。曖昧な考えはゆるせません。

日常生活でもよくあります。

たとえば、

「片付ける予定だった5つの仕事を、なんだかんだ忙しくて4つまでしかできなかった」

と、しましょう。

客観的に見れば、4つもできたんだからいいじゃない! となります。しかし、わたしからすれば、4つしかできなかった自分が許せないのです。

不完全のわたしが受け入れられず、完璧主義でなやまされている。

それなら、この完璧主義な考えをどうにかすればいいわけです。

まず、はじめたのは開き直ることです。

不完全なわたしでも、まあいいか、くらいの気持ちをもつようにしました。

生活のちょっとしたことでも、完璧にできなかった自分をせめず、6〜7割できれば上出来だと考えるようにしました。

この完璧主義な考えをやめると、自分の顔についても段々とゆるせるようになってきました。6〜7割の顔に満足しているわけではなけど、わたしの不完全の顔もわたしなのだと。

自分の顔がキライで生きにくさがあるなら、不完全な自分を受け入れることでラクにすごせるようになります。

ふだんから完璧主義な考えをやめる練習をすれば、不完全な自分をもっと受け入れられるようになりますよ。

心が楽になるあり方は今からでも出来る

今回、「自分の顔がキライすぎて生きづらい」と感じている人に向けた、セルフマインド術を紹介してきました。

わたし自身が実践してみて、フッとココロが軽くなった方法は以下の3つ。

1.他人は自分のことをあまり気にしていないもの
・普段の生活の中で、他人は他人に無関心なもの。
・自分が他人の顔を気にしていないのと同じように、他人も自分の顔は気にしていない。

2.セルフイメージと他者からのイメージは違うもの
・自分はブサイクで魅力のない人間だと思っていても、他人からは意外と好印象を持たれていることもある。
・セルフイメージと他人からのイメージは、同じとはかぎらない。

3.不完全な自分を受け入れればもっとラクに生きられる
・自分の顔がキライと感じる根底は、不完全なわたしを否定し、受けいれられていない部分にある。
・もっとラクに生きるには完璧主義な考えをやめること。
・不完全なわたしでも「まあいいや」くらいの気持ちをもつ。

4. 6〜7割りできたら褒めてあげよう
・完璧主義は苦しく、悩みの原因。
・開き直ると完璧主義がゆるくなる。
・日常のちょっとしたことも、6〜7割でもできていれば上出来だと考える。

自分の顔の問題は、美容整形をすれば手っとり早く解決できるので賛成派です。

キレイになりたかったら、どんどんやりましょう。

でも、美容整形は顔を変えても、ココロまでは変えられない。

自分の顔がキライで生きにくさがある人。
美容整形をしても、自分の顔に満足できない人。

考え方を変えて、ラクに生きていきませんか?

▲数々のミス・ユニバースを育ててきた講師「常冨 泰弘」の著書。

なぜ自信が持てないのか、自己否定をしてしまうのか。

心の奥底にある問題にまでフォーカスをあて、イメージワークを使って自信を取り戻す作業をします。

「理由は分からないけど、なぜか昔から自信がない」、「自信をつけて自分の殻を破りたい」という方にオススメです!

こんな記事もおすすめだよ

・美容整形の腫れを早く治すには「かぼちゃジュース」が効くらしいけど私は「かぼちゃのポタージュ」を作ってみた

・美容整形をしてよかった7つのこと

・たった1回の顔やせ注射でどこまで小顔になれるのか? 実際の施術内容と効果をレポート!(@品川美容外科 渋谷院)

・涙袋にはヒアルロン酸注射! 実体験をもとに涙袋整形の疑問にすべて答えます

この記事を書いた人

Seina

Seina

美容整形と減量でブサイクから生まれ変わった経験を活かし、ライター・ブロガーとして活動しています。その他、メディア運営&編集長、ココナラでオンライン相談も対応中。当ブログでは「美しくなること」をメインテーマに執筆。お仕事のご依頼、その他ご相談はお問い合わせからお願い致します。>詳細プロフィールはこちら