外出自粛中に無理して意識高い系にならなくてもいい

先日呟いたツイート。

コロナウイルスの影響で、自宅にいる時間が増える中。「こんな時だからこそ、意味のあることをしなきゃ」となります。

確かに、正論。でも、呟いていながら言うのもアレなんですが「意識高い系」でいるのってしんどいですわ。

今後の仕事だってどうなるか分からない、収入源が途絶えるかもしれない。いや、実際に減っている。そんな緊迫した中で今後の将来など、健全的に考えられるはずもなく。

本心から意識高い系なりたいって思っている?

本当は意味のないことをしてダラけていたいのでは?

でも、焦ってしまう? 罪悪感がある?

意味ないことにも、十分意味はある。今は何もしなくていい。

意味のないことにだって意味はある

時間ができた。

今後の仕事どうやっていこうか
何か新しいことを始めないと
どんなビジネススタイルだと自分にあっているか
収入をどうやって増やしていこう

何か、考えなくては。

あぁ、ボーッとしていないで、資格とるために勉強しなきゃ。ダラけている暇があったら、本を読まないと。溜まっている本を消化するなら、今のうちだ……。

「時間を有益に過ごさなくてはならない」という、思考になっていました。

でも、この思考は、私の理性が「こうであるべき!」と言っているだけで、本当にしたいことではないんですよね。

意味あることをし続けるのも、正直、疲れる。

本当は将来のことなんて考える余裕なんてないよ!
ちょっと疲れているんだよ!
意味ないことを、ダラダラとしたいんだ!

でも、こんなにグーたらしていていいんだろうか。この時間で何かできるのではないだろうか。周りの人は、どんどん先に進んでいるかもしれない。

という、焦りや罪悪感がついてまわる。そもそも、何と誰と比べているのか。自分の中で、綱引きしているだけでは。

そもそも、意味ないことは本当に意味がないの?

好きなアニメを延々とみる
ポップコーンをつまみながら映画を観る
自由気ままにネットサーフィン
ベッドの上でゴロゴロしながら漫画読む
バラエティを観てガハハと笑う

考えてみると、十分に意味があると思うんです。

そういえばやっているうちに、焦りや罪悪感が消えていた。あっという間に時間が経ってた。もう寝る時間だ。何だかスッキリした。

意味ないことは「脳内にある雑念の大掃除」であったり、「不安、罪悪、焦りから一時的に逃れられる方法」になると思うのです。

それでいいじゃないですか。雑念がなくなり脳が休まれば、アイディアや考えが湧きやすくなるかもしれない。

「意識高い系にならなきゃ」と抑圧するのではなく、むしろ思う存分にやりましょう。

よい1日を迎え無事に1日を終える 今はこれでいい

緊迫した空気感がありますが、我が家では普段通りにおだやかな日常が流れています。

いや、そうなろうと努力しているのかもしれません。

いつもと同じ日常を、淡々とくり返す。緊迫した状況に流されたくない。私たち夫婦は「目に見えない敵」が迫っていても、今まで通りおだやかに暮らすのだ、と。

いい天気だった、先日。夫と一緒に寝具を洗濯して、布団を干しました。

太陽の香りに包まれた寝具で、眠りに落ちるのは心地よいものです。

は〜〜〜、春だな〜〜。

眠りにつきながら思ったのです。「そういえば、不安、焦り、罪悪を感じていないぞ」と。きっと、布団が心地よい「今」に集中できたからなのでしょう。

意味のないことをする。さらに必要なのは、リラックスをして「今」を感じること。

枕カバー、布団カバー、ベットシーツ、タオルケットをいっぺんに洗濯。天気のいい日に、布団と一緒に干す。

干しながら、陽の光を感じて、春の香りをかぐ。そして、まっさらな寝具に包まれて、ぐっすり眠る。

よい1日を迎え、再び1日が終わる。

今は、このくり返しでいいのだと思います。むしろ、くり返しに意味がある。物事に意味がある、ないなんて関係ない。

ただ、「今」を乗り越えることだけを考えればいい。

この記事を書いた人

Seina

Seina

整形と減量で生まれ変わったライター。当ブログでは「美しくなること」をメインテーマに執筆。コラムやエッセイはnoteで更新中。ご連絡はお問い合わせからお願い致します。>詳細プロフィールはこちら