ぶんぶんチョッパーでひき肉は作れるの? 鶏むね肉を使って激安ハンバーグを作ってみた話

こんにちは、筋トレ・美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

家計をたすけてくれる、激安の鶏むね肉。近所のスーパーで100g48円で買えます。とても助かる!

がしかし、鶏むね肉で気になるのはパサパサした食感

どうにか美味しく食べられないものかと悩んだ末に、包丁でたたいて鶏ひき肉を作りましたが…これまた大変! そこで、「ぶんぶんチョッパー」を使ってみたら、便利すぎて大興奮でした。

そもそも、ぶんぶんチョッパーでひき肉って作れるの?

実際にひき肉を作る過程もまじえながら、ハンバーグレシピも紹介していきます。

 【結論】ぶんぶんチョッパーでひき肉は作れる

ぶんぶんチョッパーは手動のみじん切り器。

説明書によると、「野菜系全般はオッケーよ!」と書いてありました。

もしかしたらひき肉も作れるんじゃないかな〜と思ったので、早速チャレンジ。その結果、ぶんぶんチョッパーでひき肉は作れました! 

ただし、1度にたくさんの量は入りません。鶏むね肉なら1枚を2〜3回にわけてやる感じ。でも、20秒〜30秒あれば鶏ひき肉が完成するわけですから、そんな手間は気になりません。

わが家では大活躍してくれてます。実際にぶんぶんチョッパーで、どうやってひき肉ができるのか?

その過程を、鶏むね肉ハンバーグの作り方も交えながらレポしていきます。

鶏胸肉を使った激安ハンバーグの作り方

材料一覧

・鶏むね肉…2枚皮なし 648g(コスト355円)
・玉ねぎ…1個(コスト30円)
・塩、こしょう…適量
・にんにく、生姜…適量(なくてもOK)
・油…適量(今回はココナッツオイル使用)

▲自宅で使っているココナッツオイルはこれ。

▲フライパンはこちら。焼き芋もこれで作っております。大変便利

▲これがないと始まらない! 噂のぶんぶんチョッパーはこちらです。

また、つなぎは使用しなくても大丈夫です。糖質オフとカロリーオフをねらうのと、つなぎを使わなくても固まってくれるから!

鶏むね肉に火を通したらぎゅっとなってくれるので、つなぎを入れなくてもいけます。調味料系は値段がわからないので、費用にくわえない計算にしました。

となると、トータルコストは385円

では、さっそく作り方に移行します!

作り方①玉ねぎをみじん切りにする

▲まずは玉ねぎを一口大にカット。ぶんぶんチョッパーに入りやすくします。

▲さっそく投入! 1回に玉ねぎは半分入ります。

▲7〜8回ひっぱるとこんな感じ。もう半分もみじん切りにしましょう。

作り方②鶏むね肉をミンチにする

▲鶏むね肉2枚分を一口大にカットする。

▲ぶんぶんチョッパーには、少なめに入れていきます。

4分の1ずつくらい。

▲15回転させた図はこちら。

ひっぱるときに、ちょっと重たいので力がいります。

この作業をくり返えし、鶏むね肉をすべてミンチにしていきましょう。

作り方③材料をすべて混ぜる

▲刃がするどいので、中身を取り出すときは注意!

上記のように、ボウルにすべての材料を入れていきます。

▲混ぜ合わせるとこう!

作り方④フライパンで焼く

▲油を薄くひいたフライパンに並べていきます。

▲弱火で8〜10分くらい焼いてひっくり返えす。

もう片面は5分くらい焼いて余熱で放置すれば、中まで火が通るでしょう。

作り方⑤焼きあがったら完成!

食べ方のバリエーションはいろいろです。

わが家ではキムチをそえて食べるか、ポン酢、ウスターソースでいただいています。

その他は、醤油とみりんで照り焼き風にしてもいいし、トマトソースをかけてイタリアン風でも相性がいいはず!

お弁当に入れてもいいんじゃないでしょうか〜。

1個あたりのコストは55円! 

▲出来あがりはこんな感じ

 

にんじんのマリネ、千切りキャベツ、キムチと一緒にいただきます。

 

今回の調理で、7個のハンバーグが完成しました。トータルコストは385円なので、1個あたり55円となります。

高タンパクでヘルシーで低コスト! ぶんぶんチョッパーさまさまですね。

▲今回のメインアイテム「ぶんぶんチョッパー」

▲なんと、ぶんぶんチョッパーには進化系もあります!

この記事を書いた人

Seina

Seina

美容整形と減量でブサイクから生まれ変わった経験を活かし、ライター・ブロガーとして活動しています。その他、メディア運営&編集長、ココナラでオンライン相談も対応中。

当ブログ「美しくなければ生きていけない」では「美しくなること」をメインテーマに執筆。お仕事のご依頼、その他ご相談は『お問い合わせ』からお願い致します。
詳細プロフィール