複合手術(ルフォー、SSRO、オトガイ形成、頬骨弓骨切り)の修正手術をしてきました【修正手術ダウンタイム日記#1】

こんにちは、美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

2018年2月にマックスファクス銀座クリニックうけた複合手術(ルフォー、SSRO、オトガイ形成、頬骨弓骨切り)から1年以上がすぎました。現在、歯科矯正をして術後にズレてしまった噛み合わせを治している真っ最中。

しかし、ほかに気になることがありました。気になることとは、以下の2つです⬇️

  1. 鼻翼がわずかに広がった気がする
  2. 口を半開きにした時に前歯が見えにくい

これらを治すため、先日修正手術をうけてきました。

今回は

  • 修正手術の内容
  • 手術当日の流れ、所要時間
  • 術後の経過
  • 数値の変化
  • 術後の注意点

をまとめていきます。

マックスファクス銀座クリニックで修正を控えている方、修正手術にご興味のある方はぜひぜひご覧ください!

修正手術の内容【鼻翼縮小・上唇挙上】

修正手術は、

①鼻翼縮小
②上唇挙上術

2つの手術をおこないました。

どのような手術なのか1つずつご説明します。

鼻翼縮小…口腔内からナイロン糸で鼻翼を引き締める手術

引用元:Dr.ヒロヒの顔面骨格形成 https://fbcs.jp/jaw/overbite/lefort/operation/ 

今回うけた鼻翼縮小は、皮ふを切開して横幅をせばめる方法ではありません。

Alar base cinch suture(アラー・ベース・シンチ・スーチャー)と呼ばれる、ルフォーと同時によくおこなわれる処置をしていただき、鼻翼の幅をせばめます。

上記の画像の通り、上唇の裏にある粘膜部分から切開し、鼻翼周辺を剥離します。そして、鼻翼周辺にナイロン糸をかけて縛り、鼻翼を引きしめます。

腫れたり笑ったりすると取れてしまうこともあるそうので、しっかりめに縛っていただきました。かといって引き締めすぎても今度は鼻尖が目立つため、いい塩梅は担当医にお任せ。

この手術、前半〜中盤にかけてしんどいことが多いので、もし修正手術をされる方がいたら心して挑んでください。細かく書かないのは、どうしても生々しくなってしまうからです(気になる方は直接聞いてくださいね!)

肝心な痛みについては、麻酔で十分コントロールできるので心配しなくても大丈夫。看護師さん、担当医からも「我慢しなくていいですよ」と言ってもらえたので、痛みを感じたらその都度正直につたえ、麻酔を追加してもらいました。

おかげで手術の中盤からは痛みをほとんど感じず、終えることができました。

笑気麻酔もあるようなので、痛みが怖い方はお願いするといいかもしれません。

上唇挙上…口腔内から上唇の筋肉を引きあげる手術

上唇挙上とは、上唇の筋肉をナイロン糸で引きあげ、人中を短くする手術です。人中を短くすることで、口を半開きにした時に見えにくい前歯を、2〜3mmみえるようにするのが今回の目的。

ここで「皮ふを切りとらないのに人中が短くなるの?」と疑問に思われる方もいるはず。そうなんです。筋肉をいじるのに、皮ふが短くなるんです。つまり、傷あとを残さずに人中が短くなるんです。ミラクルですよね。

ちなみに、術前の人中の長さはこんな感じでした⬇️

  • 鼻の下~唇まで…2cm
  • 人中の皮ふの部分…1.3cm

この状態から、全体を3mm短くすることに。

どのように筋肉を引きあげ、止めているのか気になったので具体的な方法を聞いてみると…むずかしくて理解できませんでした。すみません。

手術中、ナイロン糸で引きあげていたので『ナイロン糸を使う』のは確かです。しかし、もっと細かい説明があったので単純な話ではなさそう。

また、この手術は担当医のオリジナルメニュー。医師でさえも、実際に手術をしているところを見学しないと具体的な手技はわからないのだとか。だったら私が理解できなくて当然だと、ここで説明をする義務は放棄することにします。

さらにもう1点補足です。

過去にブログで上唇挙上のことを書いた影響からか、

上唇挙上術に興味があるのですが、やってもらえないのでしょうか?

と、聞かれることがあります。

今後、同じ質問をいただくことを想定して、この場で回答しておきます。

私は今回、修正目的で施術をうけました。人中を短くしたい審美性目的の方、他クリニックで両アゴ手術をして前歯が見えにくくなってしまった方など、これらに該当する患者様の対応をしているかどうかは、こちらでは正確な回答ができません。

上唇挙上術の対応の有無や、詳しい処置の方法についてはマックスファクス銀座クリニックに直接お問い合わせいただけると助かります。

1番はカウンセリングの予約をとり、医師に直接相談するのがオススメな方法です!

>マックスファクス銀座クリニックの公式HPはこちら

手術当日の流れ、手術の所要時間

簡単に手術当日の流れ、手術にかかった所要時間をまとめておきます。

今回は10時の予約でした。

  • 9:50 クリニック到着
  • 着替え
  • 洗顔、歯磨き
  • 体温測定、問診
  • 手術室へ移動
  • 抗生剤投与、血圧計装着
  • 10:27 表面麻酔開始(手術台の左側に時計があったので確認できました) 
  • 顔と口腔内の消毒
  • 口腔内の表面麻酔、局所麻酔
  • 11:00 手術開始(手術の行程は鼻翼縮小→上唇挙上→縫合)
  • 12:30 終了 

手術終了後はリカバリールームで1時間休憩をさせていただき、帰宅しました。

手術室に入って出るまで2時間。手術自体は1時間半。クリニックに入ってから出るまで、合計3時間40分でした。

術後の経過【術後1時間、術後3時間、術後1〜3日目】

術後1時間

▲ガーゼ+テーピングで施術箇所を圧迫している様子

術後1時間だとまだ麻酔が効いていて痺れが残っていますが、ジンジンとした痛みが出てきました。腫れてくる予感もあり。

上唇は麻痺して動かせない状態です。圧迫固定を外し、電車で帰宅します。

補足

顔がひどい状態のため、目元を隠して経過の写真をお届けします

術後3時間

▲帰宅後に写真を撮りました

若干膨らんでいる程度で、大きな腫れはこれからといった感じ。

痛みに関しては、この時がピーク。帰宅途中からズキズキ痛みはじめ、頭痛がしてくるほど。自宅に帰るまでに時間がかかる方は、軽くなにか食べてロキソニン飲むといいかもしれません。痛みが強くて、帰宅後すぐさまダウンしました…

帰宅後困ったのは、上唇が動かないので、食事や歯磨きがやりずらいこと。

「ニコッ」と笑えないため上唇を片手で優しくめくり、歯磨きをします。このとき口から出血があり、じわじわと血が滲み出てきて、血まみれになりながら歯磨きをしました。恐怖!(苦手な方はごめんなさい!)

心配になってクリニックへ連絡すると、「傷口が閉じるまでには48時間かかります。ダラダラと血が出てないなら大丈夫です!」とのことでした。

多少の出血は仕方なさそうですね、ひと安心。

術後1日目

▲術後1日の様子はこちら

たっぷり眠ったせいか、目元の付近までぱんぱんに腫れています。この腫れの影響から、目が開きにくいほどです。熱も持っています。

歯磨きをしても血が滲むことはないので、出血は止まった様子。しかし、相変わらず上唇が全然動かない! 歯磨きがやりにくいのが難点。

ただ、まだ痛みがあり、ロキソニンがあれば日常生活はなんとか過ごせる程度。顔の重たく鈍い痛みから、ブルーな気分で1日を過ごすことに…

術後2日目

▲術後2日目の様子はこちら

腫れ方が尋常じゃない!!! 

鼻筋は埋もれ、目が殴られたボクサーのよう。寝てる時間が長いのもあるのかもしれませんが(薬の影響で眠たくなります)目~ホホと、広範囲に腫れてきました。

腫れ方が何かに似ているな〜と思ったら『土偶(どぐう)』がぴったりかも。

上唇は少しずつ動かせるようになってきました。鼻と唇付近にズキズキとした痛みや違和感はあります。

術後3日目

▲術後3日目の様子はこちら

あれ、いくらかマシになってる?

寝起きは尋常じゃないくらい顔が浮腫みますが、しばらく起きているとスッキリしてきます。術後1〜2日目と比較すると、大分腫れは落ち着いてきたのではないでしょうか。

痛み方は、口腔内にズキズキさは残っていますが「ロキソニンは1日1回飲めば十分かな?」くらいに落ち着きました。

上唇の感覚や動きは戻りつつあるけれど、前歯を見せて笑うのは難しい状況です。

▲術前、術後4日目の比較はこちら

数値はどのように変化したのか

実際に手術をした結果、数値に変化はあったのでしょうか?

手術直後に鼻の下~唇までの長さを測ってみると1.5cmに。人中の皮ふの部分は1cmでした。術前は鼻の下~唇までの長さは2cmでしたので、4.5mmの短縮。人中の皮ふの部分は3mmの短縮という結果に!

あれ、予定では3mmの短縮だったのに多くなっていますね。

予定よりも短くなったのには、理由があります。術後、少し戻ることを想定した上での対応です。笑ったり、表情を動かしたりすると、少し戻ってしまうのだとか。なので、戻ったときに3mm短縮になるように、多めに短縮をしていただきました。

短くしすぎたのを元に戻すのはすぐにできるそうなので、予定よりも多く短縮していて問題はないよう。

鼻翼については、肝心な数値を聞きそびれました。ただ、画像を見ていただければわかるように、鼻翼の付け根がキュッと引き締まったのは明らかです。

ピンチノーズ感が気になるところですが、時間とともになだらかになるのだとか(本当に?!)

術後の注意点

①大笑いしないこと
→大きく笑うと引き締めた鼻翼のナイロン糸が外れてしまうことがあるので、術後1ヶ月はなるべく笑わない方がいいようです。私はすでにツライです。どうしても大笑いせざるおえない時は、鼻をおさえて再び広がってしまうのを予防すること。最低術後2週間、可能であれば術後1ヶ月は気をつけるとヨシ。

②唇を伸ばす動作はしないこと
→唇を下に伸ばす動作とは、ストローを使って何かを飲んだり、鼻の下を伸ばすような動きを指します。あとは、リップを塗った時に「んまんまっ」と唇を動かしてリップを広げる動作もダメ。せっかく短縮した上唇が伸びてしまうので、鼻翼と同じく最低術後2週間、術後1ヶ月は気をつけるとよいそう。

③激しい運動は1週間ダメ
→血行がよくなると腫れが強まるからです。ウォーキングやストレッチなどの軽めの運動ならOK。傷が塞がらないうちはなるべく安静に!

④入浴せず、シャワーのみにする
理由は上記と一緒で、身体を温めてしまうと腫れやすくなるからです。

⑤マウスウォッシュは使わない
→マウスウォッシュは傷の回復に役立つ菌まで殺してしまうため、抜糸するまでは使用禁止。

▲この件については、以前ツイートしていました

⑥食べたらすぐにうがいをする、歯を磨いて清潔な状態を保つ
→傷口付近に食べカスが溜まっていたり、口腔内が不潔な状態が続くと、感染症を引き起こす恐れがあります。そのため、食後はうがいをして傷口付近に食べカスを溜めないこと。毎食後歯磨きをして、口腔内は清潔な状態を保ちます

たかが修正手術、されど修正手術

「修正手術だから大したことないだろう~終わったら早く帰ろ〜」と軽い気持ちでいた私。

実際に受けてみると、ガチガチのオペでした。笑

美容整形慣れているはずなのに、本番となると怖いものです。さらに、意識がある状態で初めての口腔内から手術。口の中って結構怖い。なぜでしょう。

施術台に上がると血圧計を装着され、自分の心拍数がピコピコと聞こえる状態になるのですが、手術の手順が進むにつれてその音がどんどん早まり、身体は相当こわがっているんだな〜と、別の視点から理解できました。

そんな緊張や恐怖の中にいたので、看護師さんと担当医には終始優しくしてもらい、本当に本当に救われました。

見えているのは目元に覆われた白いガーゼのみ。外の世界を知るには、手術中の感覚と声だけが頼りです。ときどき「大丈夫ですか?痛くないですか?痛かったら言ってくださいね。頑張りましょうね。もうちょっとですよ」と声をかけてもらえるだけで、乗り越えられる気がしてきます。

手術中の痛みや違和感がやわらぐというか、そういう『声かけ』だけで精神的な負担ってグッと楽になれるんですよね。お言葉に甘えて「あっ…そこ痛いです。すみません」と何度も伝えました。どれだけ痛がるんや!

まんべんなく麻酔をかけても、痛みが出るところは出ます。両手をぎゅっと握りしめて耐え、いつもかかない場所から変な汗をかきました。足の裏とか、足の指の間とか。

というわけで、優しく丁寧に対応していただいた看護師さん、担当医には感謝申しあげたいです。

アフターケアを丁寧にしてくれるクリニックを選んでよかった!

次は1週間検診です。

ルフォーSSRO+輪郭形成を受けたクリニックと担当医の詳細について

■クリニック名:マックスファクス銀座クリニック

マックスファクス銀座クリニックの詳細はこちら↓

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-7ブランエスパ銀座ビル5F
TEL: 0120-066-426(受付時間10:00~19:00)
FAX: 03-3571-2272
営業日:毎週日曜日休診
E-mail: お問い合わせ下さい。
アクセス:【東京メトロ日比谷線•丸の内線•銀座線銀座駅C2出口】より徒歩5分/【都営浅草線•ゆりかもめ•JR新橋駅】より徒歩5分

>マックスファクス銀座クリニックの公式HPをチェックする

■担当医:渡邊 裕之院長


1986年岐阜歯科大学卒業後、東京医科大学に口腔外科学講座に入局。口腔外科学の医学博士号(東京医科大学)を取得し、東京医科大学講師、東京医科大学口腔外科外来医長、病棟医長を歴任。

その後、ドイツ・イギリス・フィンランドの3ヵ国留学。本場口腔顎顔面外科を学ぶ。東京医科大学退職後、8年間大手美容外科で美容顎顔面外科の経験を積み、2014年7月に日本初のマキシロフェイシャルサージェリー(顎顔面口腔外科)を専門とする「マックスファクス銀座クリニック」を開院する。

渡邊院長の詳しいプロフィールは「こちら」からご覧ください。

こんな記事もおすすめだよ

この記事を書いた人

Seina

Seina

美容整形と減量でブサイクから生まれ変わった経験を活かし、ライター・ブロガーとして活動しています。その他、メディア運営&編集長、ココナラでオンライン相談も対応中。当ブログ【美しくなければ生きていけない】では「美しくなること」をメインテーマに執筆。お仕事のご依頼、その他ご相談は『お問い合わせ』からお願い致します。>詳細プロフィールはこちら