涙袋にはヒアルロン酸注射! 実体験をもとに涙袋整形の疑問にすべて答えます

こんにちは、筋トレ・美容整形好きWebライター・ブロガーのseina(@st_0905)です。

このページにたどり着いた方は、美容整形に興味がある方なのだと思います。

簡単に自己紹介をすると、わたしはこれまで700万円をかけて美容整形をして、ブサイクから生まれ変わった者です。

(整形箇所はプロフィールにまとめています)

たくさん美容整形をした中でも、初・ヒアルロン酸をしたのは2014年の話

涙袋がぷっくりした途端、友人から

友人
ヒアルロン酸注射って痛くないの?
友人
料金っていくらくらいなの?

と、質問責めされて困ってしまい…

いちいち答えているのも面倒なので、わたしの実体験をもとに、涙袋のヒアルロン酸注射についてまとめてみることにしました!

涙袋にヒアルロン酸入れたい!と考えている方に、参考になれば嬉しいです。

ヒアルロン酸注射の痛み 鋭い痛みに涙が出る

はじめてヒアルロン酸を入れると、気になるのは痛みですよね。

痛いのに弱いんだけど大丈夫かな〜とか、どのくらい痛いんだろうかとか。

まずはじめに、実際に体験した痛みの程度についてご紹介します。

Q.1 どのくらい痛いの?

わたしは、某美容外科で麻酔入りのヒアルロン酸注射をしました。

痛みに強いわたし。

「麻酔入りだから大丈夫だろう」ということで、麻酔クリームは使いませんでした。

実際に注射してみると…まったく痛くないとは言えません!

麻酔入りのヒアルロン酸でも、必ず痛みはあります。どのような痛みなのかというと、こんな感じです↓

  • チクっと鋭い痛み
  • 涙が出るようなツーンとする感覚

耐えられないほどではありません。

ただ、目の下は皮フがうすいので、痛みを感じやすいようです。

Q.2麻酔はしたほうがいい?

「麻酔をするorしない」については、自分がどのくらい痛みに強いのか・弱いのかで考えるのがオススメ!

どのくらい痛みに耐えられるかによって方法を変えてみましょう。

具体的には、以下の3パターンにわかれます。

  1. どうしようもなく痛みに弱い麻酔クリーム+麻酔入りのヒアルロン酸
  2. まあまあ痛みに弱い麻酔クリームや、麻酔テープをしてから注射をする
  3. 痛みに強いと自負している→麻酔入りのヒアルロン酸を選ぶ

このように、自分がどれだけ痛みに強いかを基準にしてみてください。

しかし、ここで注意点が1つ!

麻酔クリームと麻酔テープは、クリニックによって別料金がかかることもあります。

料金はおおよそ500〜3000円ほどです。

ヒアルロン酸注射の手順1〜4 だいたい1時間以内で終わります

手順1:ドクターとのカウンセリング

施術室に案内されたら、まずはドクターとのカウンセリング。

どんな涙袋を作るのかをヒアリングします。

「控えめに、自然な感じで、幅を広くしたい」など、自分の希望を伝えるようにしましょう。

わからない場合は、自分の顔に似合うようにお願いしましょう。

ドクター目線で、丁度いい涙袋をつくってくれるはずですよ!

手順2:消毒+お化粧を落とす

目の下全体を消毒していきます。

消毒液をふくませたコットンで、目の下全体を拭き取ります。

この際、お化粧も落ちるので、お化粧直しを持っていくのをオススメします。

麻酔ありの場合、ここで麻酔をします。

目の下に麻酔をぬったら30〜40分ほど放置。

麻酔が効いてくるまでに時間がかかるのが難点ですね。

手順3:氷で冷やしながら注射をする

麻酔入りのヒアルロン酸注射の場合、目の下を氷で冷やしながら注射をしていきます。

感覚を麻痺させてから注射をしたほうが、痛みが少ないからです。

麻酔入りでも、そのまま注射すると痛いんですよ〜。

そして「冷たい→痛い→冷たい→痛い」のを何度かくり返します。

片目3〜4回にわけて入れるので、その度にチクっとしますがあっという間ですよ!

がまん、がまん。

手順4:綿棒で整えたら終了

注射したヒアルロン酸を、めん棒を使って微調整。

左右差を整えたら終了です!

また、お化粧はヒアルロン酸注射をした直後からOKです。

注射のあとが赤い斑点として残るので、コンシーラファンデーションがあると便利。

ただ、注射したばかりの肌はデリケートなので、ゴシゴシ擦ったりせず優しくあつかってあげましょう。

▲自然な涙袋を作る方法については、こちらの記事を参考にしてみてください

ヒアルロン酸注射の金額はどのくらい? 相場は4〜6万円

涙袋にヒアルロン酸を入れる場合、注射器まるまる1本(1.0cc)を購入しなければならない決まりがあります。

その費用は、1本¥40,000〜¥60,000が相場。持続性は3〜6ヶ月です。

ヒアルロン酸の種類によって固さや持続性が変わりますが、涙袋には柔らかさと固さが適度にあわさったものを入れるのがベスト。柔らかすぎるヒアルロン酸だと、広がる可能性があるからです。

また、涙袋をつくるのに両目で0.1〜0.2ccしか使わないので、かならず余ります。

あまったヒアルロン酸は、半年間保存可能。このヒアルロン酸の使い道は、自由でOKです。

例えば、ヒアルロン酸が吸収されてきたころに追加で入れる方法。

涙袋以外の部位(くちびる・法令線)に入れる方法などの使い方があります。

大手美容外科クリニックのヒアルロン酸価格

大手の美容外科クリニックといえば、湘南美容クリニック品川美容外科の2つ!

涙袋への注入が適しているヒアルロン酸にしぼり、価格をまとめてみました。

1.湘南美容クリニック

①ヒアルロン酸 DANAE Line(ダナエ・ライン)
【価格】1本あたり通常価格¥52,920/モニター価格¥39,800
【特徴】高い粘土と強い弾力性のあるヒアルロン酸/術後のしぼみを軽減し効果を持続させる/持続期間9〜12ヶ月(個人差あり)

②ヒアルロン酸 ビタールライト
【価格】1.0cc ¥38,470/0.3cc ¥18,000
【特徴】通常のヒアルロン酸より粒子が細かい/皮膚が薄いところの注入に適している/傷跡が残らない、ダウンタイムが短い

③ヒアルロン酸 ジュビダーム
【価格】1.0cc ¥98,000
【特徴】効果の持続性が1年以上と長い/なめらかなヒアルロン酸なので仕上がりが自然/医薬大手、米国アラガン社製の安全性の高いヒアルロン酸

④その他:麻酔テープ1枚¥540/麻酔クリーム¥3,240

湘南美容外科のヒアルロン酸注射を詳しく知りたい方は、以下の手順を参考にしてチェックしてみてください!

<ヒアルロン酸の料金一覧を知りたい方の手順>
湘南美容クリニックの公式HPはこちら』にアクセスする
②「Skin」の「ボトックス・ヒアルロン酸」をクリックする
「Skin」の「しわ」をクリックする

<ヒアルロン酸の詳細や種類の違いを知りたい方の手順>
①『湘南美容クリニックの公式HPはこちら』にアクセスする
診察内容一覧をクリックする
ヒアルロン酸をクリックする

湘南美容クリニックの公式HPはこちら

2.品川美容外科

①ヒアルロン酸 レスチレン®︎
【価格】1cc非会員¥36,000/BMC会員¥28,800
【特徴】ヒアルロン酸の中でも最もポピュラー/持続期間は3〜6ヶ月(個人差あり)

②ヒアルロン酸 ジュビダームビスタ®︎ウルトラ
【価格】0.8cc¥28,000
【特徴】日本国内で初めて厚生労働省の承認を受けたヒアルロン酸/酵素分解されにくい3Dマトリックス構造で持続性が高い(最大12ヶ月)/適度な弾力と凝集性で自然な仕上がりになる

③その他
表面麻酔¥2,770/笑気麻酔¥2,770/貼る麻酔¥2,770

品川美容外科のヒアルロン酸注射を詳しく知りたい方は、以下の手順を参考にチェックしてみてくださいね!

<ヒアルロン酸の料金一覧を知りたい方の手順>
『品川美容外科の公式HP』をチェックする
料金一覧をクリックする
プチ整形・プチシワ取りをクリックする
④ページを下にスクロールをして、ヒアルロン酸注入の欄をみる

<ヒアルロン酸の詳細を知りたい方の手順>
『品川美容外科の公式HP』をチェックする
診察項目一覧をクリックする
プチ整形・プチシワ取りをクリックする
④ページを下にスクロールして、ヒアルロン酸注入の欄をみる

品川美容外科の公式HPはこちら

両者のクリニックをくらべてみると…

種類が豊富低価格なヒアルロン酸があるのが▶︎湘南美容クリニック
全体的に低価格なのが▶︎品川美容外科

ではないかな〜と思います。

あとは、持続性や質感の好みで選んでみてくださいね!

美容整形

ヒアルロン酸注射のメリット 目の縦幅が大きくみえる

メリット1 目が大きく見える涙袋ができたことで目のタテ幅が強調!

目自体を大きくみせることができます。

もともとの目が小さい方でも、涙袋を入れるだけで視覚的に大きくみせることができます。

メリット2 面長が緩和する 涙袋ができたことで目の縦幅がアップ!

そうすると顔の余白がうまって、顔のタテのラインが目立ちにくくなります。

縦のラインが気になる面長さんにはオススメしたいですね。

メリット3 優しい雰囲気に見える

涙袋がある女性って、優しい雰囲気がありますよね。

一説によると、涙袋は女性ホルモンの多さをあらわしているようです。

涙袋があるだけで雰囲気が変わるので、ちょっとイメチェンしたいという方にはよい方法だと思います。

ヒアルロン酸注射のデメリット 不自然さやデコボコ感

デメリット1 入れすぎると不自然になりやすい

ヒアルロン酸を1度に多く入れすぎてしまうと、出目金(でめきん)のような印象になってしまうことも。

ヒアルロン酸は日にちがたつにつれて、だんだんと膨らんできてしまうんです。

入れた直後はボリュームが出ていい感じ〜と思っていても、1週間経ったあとはすごく大きな涙袋になってしまうかもしれません。

ですので、入れる場合は少し控えめに

なじむまで様子をみるのがベストでしょう。

デメリット2 ボコボコ感が出る場合もある

ヒアルロン酸を入れた直後は、目の下がボコボコしたようになることもあります。

この原因は、ヒアルロン酸が肌になじむまで時間がかかるから。約1週間くらいかかりますが、時間がたてば解決するので様子をみてくださいね。

もし1週間以上たってもボコボコ感が改善されない場合は、ヒアルロン酸を溶解する「ヒアルロニターゼ」という薬剤があります。

このヒアルロニターゼの注射は美容外科、形成外科、皮膚科で処置をうけられます。

デメリット3 定期的に追加が必要

ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、定期的に入れ直す必要があります

ヒアルロン酸の持続性は短いもので3〜6ヶ月。長いもので9〜12ヶ月です。

ヒアルロン酸をどのくらい注入するかによりますが、1本購入すれば2回分は確保できます。

なくなりそうなころを見計らって、数ヶ月に1回のペースで注射してもらいましょう!

ヒアルロン酸注射、一度試してみませんか?

涙袋のヒアルロン酸注射についてお話ししてきました。

わたしがヒアルロン酸注射をする前に一番気になっていたことは痛みでした。

でも、実際に受けてみたら、耐えられる程度。

施術は短時間で終わります!

痛みに弱い方は、麻酔クリームを使って痛みを少なくすることもできるので、自分にあった方法を選びましょう!

実際にヒアルロン注射をやってみた結論としては…

顔の印象を変えたいならヒアルロン酸注射はオススメです!

わたしもそろそろ、ヒアルロン酸注射しにかなくっちゃな〜。

>美容湘南美容外科クリニックの公式HPはこちら

こんな記事もおすすめだよ

・私が美容整形をする理由は「美しくなければ生きていけない」から

・顔面骨格の美容整形(ルフォー・SSRO・オトガイ形成・頬骨弓骨切り)のリアルなダウンタイム日記①【手術当日〜術後7日目】

・ルフォーとSSRO(両顎手術)のダウンタイム日記②【術後2週間〜5週間】

・ルフォーとSSRO(両顎手術)を日本で受けて実感した顔の変化 客観的・主観的に見て考察する

美容整形

この記事を書いた人

Seina

Seina

美容整形と減量でブサイクから生まれ変わった経験を活かし、ライター・ブロガーとして活動しています。その他、メディア運営&編集長、ココナラでオンライン相談も対応中。当ブログでは「美しくなること」をメインテーマに執筆。お仕事のご依頼、その他ご相談はお問い合わせからお願い致します。>詳細プロフィールはこちら