美醜格差をどう生きるべきか 容姿の囚われ感をへらし楽に生きるには他者を意識すること

いや〜、ちょっと待ってよ。
いくら何でもできすぎでしょ。

と、神が本気を出して作ったような人が時々いる。

華奢で可愛くて、人形のように美しい人。いるだけで、華になるような人。顔の造形美だけではなく、コミュニケーション能力まで高い。知的で上品で、自信のある立ち振舞い。高学歴で聞こえのいい職業なら、もう困った。

顔もよくって、ほかもいいなんて。

服の袖を噛み「キーッと」奇声を発し、心の中で舌打ちしたくなるような場面に遭遇することが、年に1〜2回あります。

劣等感丸出しですが、自分の人生を呪ってるわけではありません。一般女性よりも大柄な体格も好きになってきましたし、内向的な性格も受け入れるようになってきました。

ただ、ブサイクで生まれてきてしまったこと以外は。

美醜格差は、整形で解決しようと試みました。目、鼻、輪郭、上アゴ、下アゴも変えました。しかし、現代の医療に「ブサイク→絶世の美女」に変えるほどの技術はありません。

だから、神が本気で作ったような人と比べると、生まれた意味を問いたくなる。私がいくら整形をしても、埋められない格差があるのです。

こんな世の中を、どう生きていけばいいのかを考えてみました。楽に生きるポイントは他者にあります。

ブサイクなら顔を変えればいいじゃない やってみたけどダメでした

神が本気で作ったような人を羨むなら、近づけるように努力すればいい。

能力はこれから高められる。コミュ力が低いなら、人と会って練習するなり、本を読むなりすればいい。ブサイクな容姿が気に入らないなら、変えればいい。

私は人よりも劣った容姿で生まれたので、美容整形に700万円かけて変えてみました。ところがどっこい、普通なんです。

▲小学生〜現在までの変化(体重はピーク時で73kgあり、現在は55kgです)

整形をしたことがない人からすれば、「美容整形をする=女優並みに綺麗になれること」と思うかもしれません。それは、ビューティーコロシアムや整形シンデレラなど、メディアの影響もあるでしょう。

容姿に悩み、人生もうまくいかない悩める人たち。整形をすると美しくなれるだけではなく、自信や笑顔まで手に入れている。

そんなキラキラした様を、視聴者に見せる。「整形をすると凄いことが起きちゃう、生まれ変われる方法なんだ」という刷り込みを深めている原因にもなっていそうです。

「自信も持てて、明るくなって、コンプレックスが全部なくなりました。整形のおかげで幸せです!」

そう言っている人を画面越しに見かけますが、ちょっとフェイクが入っているのでは。整形をするだけで、そう簡単に変われるものでしょうか。

実際は違うのだ。
整形しても普通な容姿の人もいるのだ。
整形したって悩みはすべて解決しないのだ。

ということは、実際に整形してみないと理解できないことだと思います。それは1度や2度だけの話ではなく。

私は「整形すると生まれ変われる」という幻想を、整形をしてもなくせずにいました。次こそは、次こそはと。整形への幻想から目を覚ましたのは、顔面に700万円課金したあたりでしょうか。

整形をして顔を変えた私が感じている、リアルな話しをしましょう。

整形で格差を埋めることは可能ですが、上層に入れるのは「選ばれしもの」だけ。

低層から中層になるには、大金を積めばいける。でも、上層は難しい。神が本気で作った人には敵わない劣等感は、整形で顔を変えても感じることになるでしょう。しかも、整形経験者の中でも格差はあります。目と鼻をいじるだけで驚くくらいの美人になる人、います。

この差はなんなのか。

生まれつきの顔です。

整形は加点方式です。例えば、生まれつき顔が整っていている人がいて、容姿ポイントが60点だったとする。整形をすれば、80,90点と高得点を得られます。

いっぽう、ブサイクで生まれた私の容姿ポイントは、−30点くらいとしておきましょう。

目は重たい一重、鼻は陥没しているほど低く、豚っぱな。歯並びも悪く、野球のホームベース代わりになるくらい顔が大きい。いい感じの仲になっていた男性の肩にもたれて甘えたら、「アゴが刺さって痛い」と言われるくらい大きいアゴの持ち主でした。

そんな顔だったので、頑張って整形をしてもせいぜい50点くらい(?)しかも、人の顔は変えられる限界値がありますので、80,90点を目指すのは難しいでしょう。

美醜格差は生まれながらにしてあり、整形をしたとしても、その格差は埋まりきらない。

どうにもならない現実に、時折骨が軋むような痛みを感じている次第です。

▲整形に700万円かけても美人になれなかった、理想には届かなかった、という話はこの記事でしています

生き辛さをなくすには「他者のために生きる」が鍵

整形に奮闘していた10代後半〜20代前半は、容姿に振りまわされて潰れそうでした。

当時は容姿のコンプレックスばかり感じる日々で、顔を変えることだけが目標でした。やることは整形。整形が趣味。むしろそのために働き、生きている。

なぜか、「私のブサイクな顔は、絶対に変えなければならない」という絶対的な使命感もあったのです。

その頃から比べると、骨まで変えて整形をやりきったせいか、歳をとったせいか、諦めもあるせいか。容姿の囚われ感は薄れました。でも、ゼロではありません。

整形をして可愛くなった人をツイッターで見かけると「可愛いな、私もそうなりたい」と憧れたり。美人と会うと劣等感が刺激されるのと同時に、整形したいスイッチもONになる。

整形したって「綺麗なあの人」になれるわけがないと分かっているのに、「もう少しキレイになれるかも」と期待を胸に、いつの日か整形するかもしれないからと、美容外科へカウンセリングに行くことも。

未練タラタラの中、「容姿への囚われ感が薄れるカギ」を見つけました。

それは、

他者のために生きること

です。

「他者のために生きる」と聞くと、綺麗事だと感じるかもしれません。

正しく認識してもらいたいのですが、「他者のために生きる」とは、自分のことを後回しにして、ボランティア精神で他人のために尽くしながら生きることではありません。

他者のために生きるとは? 他者のことを考え時間を費やすこと

他者のために生きるとは、どういうことでしょうか。

もっと噛み砕くと「他者のことを考え、時間を費やすこと」を指します。

例えば、

  • 仕事をする
  • 容姿以外で自分の価値を見出す
  • パートナー、家族、友人を大切にする
  • 何かのコミュニティーに属する

など。

仕事は生活のためにする。それもそうなのですが、私は他者のためにあると思っています。

仕事をして報酬を得る。その報酬で生活をする。でも、その報酬は他者のために役立った対価です。ライターの仕事で言えば「ペルソナ」と呼ばれる、たった1人の読者を意識して書きます。

もちろん、この記事もそう。

次に「容姿以外で自分の価値を見出す」をなぜ入れたのか。

  • 孤独な環境
  • 自己肯定感や自己評価が低い
  • 容姿に対するトラウマがある
  • 無条件に他人から受け入れてもらった経験がない

こうした条件が揃うと、容姿の囚われ感が強くなり、整形ばかり考えやすくなります。整形ばかりしていた過去の私の話なのですが。

容姿さえ美しければ、自分を好きになり、認めてあげられるのではないか。自信がつくのではないか。また、他者に認められ、愛されるのではないか。という期待も持ってしまう。

整形が自分を認められるきっかけになれば、それでいいのです。でも、うまくいかないこともあるでしょう。私はいくら整形しても、自分を認められませんでした。

本当にほしいのは、容姿の美しさではない。「私は生きていていいのだ」という感覚ではないでしょうか。

それを得るためには、容姿以外で自分の価値を見出す作業が必要です。また、これを実践すると他者を意識せざるを得なくなります。

何が得意ですか?
何ならできそうですか?
誰にも負けないくらい好きなことはありますか?

私は「文章を書くこと」でした。

文章を書く。ただ書くのではなく「たった1人の誰か」を思い浮かべて書く。そうすればどんな文章も、他者のためになる。

アメブロで日記を書く、ツイッターで呟く。読んでくれた方の暇つぶしになったり「ほほぅ」と思わせたりするのも、立派な「他者のため」です。

また、パートナー 友人 家族を大切にする。何らかのコミュニティーに属すのも、他者とのコミュニケーションが必須。

別に、ボランティアをしろと言っているわけではありません。誰かと深く関わりあう努力をしたり、コミュニティーに属して何かを楽しむのも、すべて「他者のために生きる」なのです。

「他者のために生きる」は美醜格差の辛さを一時的に忘れられる

とはいっても、容姿に対して悩んでいる真っ最中なら「他者のために生きる」は難しいと思います。

容姿のことで精一杯なら、他者を思う余裕はないはずです。落ち込んでいる時に、他人に優しくできないのと同じ。自分の問題が解決してから、やっと他者を気にかける余裕が出てくる。

でも、容姿の問題はそう簡単には解決しない。解決しないことだってある。だからこそ悩み、整形をしても心のシコリが残ったりするわけです。

であれば、一時的にでも悩みを紛らわさないと、潰れます。そのために役立つのが「他者のために生きる」なんです。

「他者のために生きる」を実行する最大のメリットは、美醜格差のどうしようもない辛さを一時的に忘れられることにあります。

容姿に悩む人の頭の中は、多分こんな感じ。

  • 顔のここが嫌だから整形しなきゃ
  • まだ太っているから痩せないと
  • もっと美人だったら人生うまくいくはずだ
  • 今よりも可愛かったら恋愛も結婚もうまくいくのに
  • なんでこんなブサイクに生まれてきてしまったんだろう
  • いつか私をブスだと言った人たちを見返してやる……

これは、自分に対して過剰に意識が向いている状態。「他者のために生きる」を実行すると、外せます。

過去の私もそうだったので、容姿に悩む状態を悪いことだとは言いません。自分の問題を解決するために、向き合っているわけですから。

でも、自分の醜さを考え続けるのは辛い。「なぜこんな姿に生まれたのだろう」と、悩んでも仕方のないことを考えるのも辛い。両親に対して「なぜ私や僕をこんな風に産んだのか」と、攻めるのも辛い。容姿へのトラウマを植えつけられた人たちを恨み続けるのも辛い。

どうでしょう、考えるだけで落ち込んできませんか。そろそろ、容姿から視線を外してみませんか。

何かに熱中していると、あっという間に時間が経っていた。さっきまで悩んでいたのに忘れていた。ということはないでしょうか。

これが、美醜格差からくる行き場のない悩みを忘れる、理想的な方法だと思うのです。

仕事への注力が癒しになった

容姿の囚われ感が減ってきた理由は、はっきりと分かっています。

仕事です。

私の仕事は3つの軸があります。

  1. 海外専門のメディア運営
  2. ブログ運営
  3. ツイッター

ここに、「オンラインサロン運営」が加わるかもしれません。

私のような職種は、とくに他者を意識する必要があります。

海外専門のメディアのコンセプトは、海外に行きたい女性を応援すること。そんな女性は、どんなことに悩んでいるのか。どんな記事なら興味を持たれるか。どんなキーワードで検索している人が多いのか。どのように記事を書けば読みやすいのか、などと。

今書いているこの記事、構成を考えるのに時間がかかりました。別の構成で書いていましたが「なんか違う」となり、やり直して今の記事になりました。読みにくい、分かりにくいのは読んでくれる方に失礼です。

最後に、DMMのオインラインサロン。担当の方から、運営提案をいただきました。

DMMのオンラインサロンを運営していくとなれば、利用してくれる方を絶対に意識しなければなりません。どんな内容を提供すれば、利用してもらえるか、喜んでもらえるか、役に立てるかと。

というように、仕事(他者)のことを考えていると、あっという間に1日が終わる。

容姿を気にする時間が、仕事について考える時間に変わった。それが自分に対する過剰な意識を外し、容姿への囚われ感を減らし、私自身の癒しになっているのだと思います。

仕事、楽しいですよ。

▲素敵なライター陣とともに、海外生活の様子や英語学習について情報発信している「やまとなでしこ海外LIFE」。サイトを通して、海外に行きたい女性を応援する、背中を押せるメディアにするのが目標です

▲美醜格差の現実を描いた本です

この記事を書いた人

Seina

Seina

美容整形と減量でブサイクから生まれ変わった経験を活かし、ライター・ブロガーとして活動しています。その他、メディア運営&編集長、ココナラでオンライン相談も対応中。当ブログでは「美しくなること」をメインテーマに執筆。お仕事のご依頼、その他ご相談はお問い合わせからお願い致します。>詳細プロフィールはこちら